40代の中年男の情報マガジン

40代の中年男について。中年太りや、ファッション、コスメ、病気、老後など、40代男が考える情報について、発信しています。

中年の糖尿病予防!今すぐにできる2つの対策と世界が認めた成分

f:id:kebukai01:20180330090445j:plain

 

 

中年の糖尿病予防。

どのような対策が効果的なのだろうと思い、一生懸命に調べていらっしゃると思います。

 

わたしも、糖尿病の遺伝子を持っているので、一生懸命に調べてました。

その結果、たどり着いた2つの対策と、調べることによってわかった、世界が認めている成分について、書かせていただきたいと思います。

 

中年の糖尿病予防は食事に気をつけましょう

糖尿病の原因は、糖の取りすぎにあります。

ですから、糖を制限することにより糖尿病になるのを予防することができるんですよね。

 

「糖ってお菓子や、チョコレートや果物かな?」と思われるかもしれませんが、それだけではありません。

 

実は日本人が一番摂取しやすい糖は、炭水化物なんです。

「えっ?」と思われるかもしれませんが、ご飯、パン、麺類が糖尿病になってしまう原因の1つなんですよね。

 

f:id:kebukai01:20180314155617j:plain

 

ですから、この主食となる炭水化物を、どうにかする必要があるわけですね。

 

一番簡単なのは減らす

これが一番簡単です。

今、ご飯(お米)やパンを1日3回食べていらっしゃるのであれば、その量を少し減らしてみたり、1食だけ、ご飯(お米)やパンを抜いてみるという方法があります。

 

夜は、お米やパスタなどの麺類は食べない。

朝は味噌汁に野菜をたっぷり入れて豆腐を入れて、ご飯(お米)やパンを食べない。

 

そのように対策をするわけですね。

 

f:id:kebukai01:20180310170007j:plain

 

減らすことが、一番簡単で確実な方法になります。

 

食べる順番を変える

野菜やキノコ類や海藻類は、糖の消化や吸収を遅らせる働きがあります。

ですから、最初に野菜やきのこや海藻類を食べて、それからお肉やお魚などを食べて、最後のほうでご飯(お米)やパンなどの主食(炭水化物)を摂取するのがベターになるんですよね。

 

ちょっと前に食べる順番ダイエットってのがありましたけど、それと同じと思っていただければいいかと思います。

 

よく噛んでゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べると、満腹感を味わいやすくなるため、食べる量が少なくなります。

味気ないと思うかもしれませんが、最初に野菜などをしっかりと噛んで食べるのが、ベターだといえます。

 

中年の糖尿病予防は運動をしましょう

運動をすると、糖が消費されやすいので、糖尿病予防になります。

また、筋肉がつけば糖を消費するので、いいことづくめ。

 

運動には、有酸素運動と筋力トレーニングがあります。

最近の研究では、この両方を実践することが治療効果を促進するといわれているんですよね。

 

有酸素運動は、少し息が荒くなるペースで行うのがベスト。

息は上がるけどしゃべれるぐらいのペースが、一番適しているといわれています。

 

ウォーキング、ジョギング、水泳、踏み台昇降運動、ダンスなどなど、多くの方法がありますので、自分が適していると思う方法をチョイスして実践されてくださいね。

 

f:id:kebukai01:20180312002742j:plain

 

筋力トレーニングは、最初からあまり強度を上げないのがベスト。

筋肉を傷める可能性もありますし、心臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

 

中年男の筋トレは、負荷を軽く、長く続けるというのがいいですね。

 

有酸素運動、筋力トレーニングの詳しいやり方や方法については、こちらのサイト様が非常に分かりやすいし実践しやすいかなと思いました。

 

www.health-net.or.jp

 

youtubeで、ダンスや有酸素運動をチェックするのもおすすめ。

室内でできる有酸素運動が多数ありますので、天気や時間を気にせずに、飽きることなく続けることができるかなと思います。

 

www.youtube.com

 

たのしく踊りながら痩せられるというのは、非常にメリットです。

最初は踊れなくても、続けていくうちに踊れるようになるので、けっこうやりがいもあるかなと思います。

 

⇒私がいいと思った有酸素運動についてはこちらに書いています

 

⇒私がいいと思った筋トレについてはこちらに書いています

 

中年の糖尿病予防に適した世界が認めた成分

WHO(世界保健機関)が認めている、糖尿病予防に適した成分があることを、わたしは自分が糖尿病予防を実践しようと思った時に知ることになりました。

 

その成分が、サラシア。

含まれるサラシノールという成分が、炭水化物の分解を抑制するため、炭水化物は小腸に吸収されないまま排出されるんです。

血糖値が高い人が飲むと血糖値が下がり、尿内の糖も確認できなくなるほど減少するといわれてるんですよ。

 

糖尿病に効くといわれている食品や飲み物は多々ありますが、世界が認めているのがサラシアなんですよね。

 

f:id:kebukai01:20180314135656j:plain

 

WHO(世界保健機関)が認めているということは、高い効果が期待できるということになります。

 

⇒WHO(世界保健機関)とは

 

またサラシアの成分は、トクホ扱いになる成分です。

トクホとは、国が認めたものにしか表記できないマークのことです。

 

ããã¯ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

糖尿病の怖さ

糖尿病は何が怖いのか…。

それは、知らないうちに病状が進行して、どうにもこうにもならない状態になってしまう恐れがあるということです。

 

糖尿病には3大合併症というものが存在します。

 

・糖尿病網膜症
・糖尿病腎症
・糖尿病神経障害

 

糖尿病網膜症

失明してしまう危険性があり、日本の失明原因の第2位になっています。

 

糖尿病腎症

 腎臓が悪くなり、透析になる可能性があります。

透析になると、基本的に、1週間に3回で1回あたり4時間の治療が必要になります。

腎臓移植以外に治る方法はなく、透析の場合は、一生続けなくてはいけません。

また、水分量、塩分量に気をつける必要も出てきます。

 

糖尿病神経障害

指先や足先の感覚がマヒしてくることにより、しびれや冷感などが出てきます。

最悪の場合、壊死しまうこともあります。

壊死してしまうと、最悪の場合、切断ということにもなりかねません。

 

まとめ

 中年の糖尿病予防は、食事療法と運動により改善することができることが分かっています。

 

また、サラシアには、炭水化物の分解を抑制する働きがあるため、小腸での吸収が抑制されて、血糖値を上げにくくするという特徴があります。

 

サラシアは、世界保健機関(WHO)が認めている成分になりますので、信頼性と安全性が高いといっても過言ではありません。