40代の中年男の情報マガジン

40代の中年男について。中年太りや、ファッション、コスメ、病気、老後など、40代男が考える情報について、発信しています。

40代男のムダ毛処理で適している方法は2つ

f:id:kebukai01:20180319065025j:plain

 

 

40代男のムダ毛処理。

 

見た目が悪くなりだす40代。

白髪が生えてきたり、中年太りになったり、体臭が出てきたり…。

 

そんな40代男の私が、ムダ毛も気をつけないとやばいんじゃないかなと気がついたのが、子供をプールに連れて行ったときでした。

 

プールでは素足にならなくてはいけないのですが、足の指毛や甲の毛が、とにかく汚らしくて、もじゃもじゃと生えていて恥ずかしい体験をしてしまったんです。

 

f:id:kebukai01:20180315012811j:plain

 

すね毛なども結構毛深いのですが、この足の甲と指の毛は尋常じゃないレベル…。

 

さらに残念なことに、水で濡れると毛がベターっと肌にくっついて、毛深さや汚らしさがアップしてしまうという。

 

 その毛深さはこのくらい。

 

f:id:kebukai01:20180416181357j:plain

f:id:kebukai01:20180416181420j:plain

 

「すごくないですか?」(笑)

 

「すごくないですか?」じゃないですね。

 

「ひどくないですか?」(笑)

 

こんなにひどい足の指毛と甲の毛を、自分以外の人で、わたしは見たことがありません。

 

足の指や甲のムダ毛を処理するために色々な方法にチャレンジ

どうにかしなくてはと思い調べると、以下のような処理方法があることがすぐに分かりました。

 

・剃る
・抜く
・除毛
・脱色
・抑毛
・脱毛

 

剃る

カミソリやシェーバーで、剃る方法になります。

カンタンにできるのですが、毛穴に黒いぶつぶつが残ってしまうのが難点ですね。

 

足元を見られたら「あっ!このおじさんは毛を剃っている」と、確実に思われてしまいます。

 

抜く

毛抜きや、脱毛シート、脱毛ワックスなどを使い、抜く方法になります。

最大のメリットは、抜いたあとが目立たないということですね。

毛根から抜けるので、剃った時のような黒いぶつぶつができないのが素晴らしい。

 

ただ、痛い…。

とにかく痛い…。

 

抜くと痛いんです。

1本だけなら我慢もできますが、数十本を抜かなければいけませんので、痛みが蓄積されます。

 

そして、嫌になってきます(笑)

 

痛みがなければ、最高の方法だと思うのですが。

 

「脱毛テープや脱毛ワックスなら、一気に取れるからいいのでは?」と、思われると思います。

ところが、このテープやワックスは、きれいに取れずに、途中で切れたり、抜けなかったりする場合が多いんですよね。

 

女性の産毛にはいいのかもしれませんが、40代男の太くてたくましい毛には適していません。

 

除毛

除毛クリームを使って、ムダ毛をごっそりと取り除く方法になります。

剃るのと比べると、少し毛穴の奥の方から処理してくれますので、キレイさが幾分か違います。

 

さわった感じのチクチク感も、剃るのと比べると少ないです。

 

ただし、準備や処理が面倒。

 

塗りたいところにクリームを塗って、10分程度放置して、ティッシュやタオルで拭きとって、洗い流して、濡れたところを拭いて…。

 

と、結構面倒なんですよね。

放置する時間は10分なので、たった10分でごっそりと取れてつるスベな足の指と甲を手に入れることはできるのですが、その前後が少し面倒臭い(笑)

 

脱色

色が黒いから目立つのであり、色が透明や茶色になれば目立たなくなるのではという発想から、脱色を考える場合があります。

 

が、透明にはならずに茶色や金色になってしまうので、結果目立ってしまいます。

 

茶色の毛って意外と目立つんですよね…。

荒れこの人脱色しているというのが、ばれる可能性が高いです。

 

なぜなら、すね毛は黒なのに、「足の指と甲の毛が茶色って」って話になりますよね…(笑)

 

抑毛

聞きなれない言葉かもしれませんが、毛根部にアプローチすることにより、毛を目立たなくする処理方法になります。

 

抑毛の素晴らしいところは、医学博士や病院長、大学名誉教授などが推奨しているところにあります。

 

書籍にもなっていることから、その効果は裏づけられているといえます。

 

f:id:kebukai01:20180421093454j:plain

 

即効性はありません。

塗った瞬間から、「おっ!変化がみられた!」とはならないので、注意が必要になってきます。

 

ただ、即効性がない分、徐々に徐々にアプローチしていきますので、自然な形で毛を減らすことができるのは、利点ともいえるかもしれませんね。

 

なぜなら、突然毛が無くなるというのは、違和感が強いから。

「あれ?昨日まであんなにもじゃもじゃだったのに…」と、思われる可能性が否定できません。

 

抑毛は、剛毛男にぴったりな方法だといえます。

 

脱毛

究極の処理法として君臨するのが、この脱毛という方法。

先ほど書いた、脱毛ワックス、脱毛テープのことではなくて、毛母細胞や毛乳頭にアプローチして破壊することにより、ムダ毛を生やさなくする方法になります。

 

f:id:kebukai01:20180421094608j:plain

 

毛深い男だから、ムダ毛をどうにかしたいと考えられているのであれば、最短でキレイで美しいボディを手に入れるのは脱毛といっても過言ではありません。

 

自分でも見とれるほどのボディに、なること間違いなしです。

もう、ムダ毛が肌にベターっとくっついて、汚らしいのがもっと汚らしくなってしまうというようなこともありません。

 

ムダ毛の悩みは『0』になります。

 

まとめ

ムダ毛処理の中で、40代の男が使える方法は2つかなと思います。

『抑毛』と『脱毛』になります。

 

それ以外の方法だと、キレイにできませんし、根本的な解決にはなりません。

 

『抑毛』と『脱毛』は毛母細胞や毛乳頭にアプローチする方法になりますので、悩みを解決してくれます。

 

「なんで自分はこんなに毛深いんだ…」と思うことが、無くなるんですよね。

 

抑毛や脱毛につきましては、こちらのサイト様が分かりやすいかなと思いましたので、参考にしていただければと思います。

 

kegakoi.com

 

kegakoi.com